彼と一緒に眠りたがらない女性

DM099_L
ここでちょっと雑談
テストをする前から視覚タイプと断言していた女性。
実際にテストをしてみると、驚いたことに触覚の項目が-つしかないのです。
その彼女には近々結婚しようと思っている同じ年のボーイフレンドがいるのです。
交際期間も2年とほどよく、はたから見ていても二人はほほえましいカップルに見えます。
ところがこの二人にはちょっとした問題があって、そのことに触れるといつも口論になってしまうというのです。
テストの結果からも、彼女には全くと言っていいほど触覚タイプの感覚がありません。
つまり、触れられたり、触れたりがあまり好きじゃないのです。

彼女は、「彼がかわいそうだから……」、「長くつき合っているんだからしなくてはならないこと」という理由だけで、時時彼とベッドをともにするそうです。
でも、行為が終わると別々のベッドでぐっすり眠りたいと思い、一晩中抱き合って眠りたいと思っている彼に背を向け、すぐに寝入ってしまうというのです。
もちろん彼女は、お金をもらって彼とつき合っているわけでもないし、強制的につき合わざるを得ない理由があるわけでもありません。
本当に彼のことが好きで好きで、「彼から電話があるから……」というだけで早々と家に帰ったり、誕生日のプレゼントを選ぶのにもさんざん迷ったり……。
ゆくゆ<は彼のお嫁さんになって、毎日おいしいお料理を作ってあげることを夢見ているのです。
これほどまでに好きなのに、触れられることが苦手なばかりに彼から誤解を受け、面倒な思いをしなくてはならないと嘆いています。
このパターンは逆のケースも多くて、男性が触覚のないタイプの場合、女性と一緒にいてもさっさと背を向けて眠ってしまうため、
女性はもて遊ばれているのではないかと不安にかられ、真夜中にシクシク泣いていたりするそうです。
男性のほうが泣き声で目を覚ますと、女性が恨めしそうな目つきで見るのでゾッとしたという話も聞きます。
彼としては、頭は半分眠っているし、なにもこんな真夜中に自分の性格について説明するのも面倒くさいし……、と思ってそのまま眠ってしまったら、
翌朝、彼女の姿は消えていたそうです。
結婚に悪いイメージを持っていても、一歩踏み出してください!結婚相手を探せば、あなたに合った探し方も探せるので不安や悩みも解決してくれるサービスを見つけられます。
彼としては真面目につき合っていたのだけれど、ただ、いつまでもいちゃつくのが好きじゃないだけだったのに……と頭を抱えていました。
相手の女性を心から愛していても、行為のあとはサラッとしていたいと思う男性は少なくありません。
もしあなたが彼のことを愛していて、ほかの男性では彼の代わりはできないわ!と思うのならば、
淋しいでしょうが彼にはあまりベタベタまとわりつかないことです。
それができないのなら、あなたが思う存分甘えられる同じ触覚タイプの男性を見つけることです。
そうすれば死ぬほどベタベタいちゃつけます。
二人ともねっとり脂っこい愛情表現が好きですから。

参考: